ネックレスとネイルについて

アトピーが冬に悪化するわけとは

アトピーが冬に悪化するわけとは アトピー性皮膚炎は遺伝にもよりますが、生活環境や食生活、ストレスなども影響していることが多く原因を一つに絞るのは難しいです。
肌が敏感になっている状態ですので、刺激に弱く、シャンプーやリンス、洗剤に触れることで悪化することもあります。
冬にアトピーが悪化するのは空気が乾燥し、皮膚の水分量が減ったことが原因です。
カサカサ状態の肌は刺激に弱くセーターの繊維や乾燥した空気に反応してしまい、かゆみを強めてしまいます。
アトピーはスキンケアが大事とされているので、かゆくてもかきむしらず、皮膚科にて処方された薬をきちんと使用し、保湿に心がけます。
アトピーが冬に悪化しないようには部屋の湿度にも気を配ることが大事です。
特に夜寝るころやお風呂上りにひどくなるのでそういった時に意識して加湿器などを使用すると良いでしょう。
加湿器がない場合は洗濯物を干す、バスタオルを湿らせて部屋に干しておくといったことを行うと湿度を保つことができます。

アトピーの予防法には何があるか

アトピーはアトピー性皮膚炎が代表されるアレルギー性の疾患です。
ダニやハウスダスト、ストレス、食物、遺伝などさまざまな事が原因となっています。
アトピーは環境によってひどくなったり軽くなったりを繰り返すことがあるので、環境を整えることが予防につながっていきます。
ダニやハウスダストが原因とわかっている場合は湿度を下げたり、ダニのえさとなる食べ物やフケなどをきちんと掃除したりといったことが大事になってきます。
布団を干すのも良いですが、取り込むときはたたかないようにします。
これはたたくことによってダニの死がいが細かくなり、余計にアレルギーがひどくなってしまうからです。
もう一つの予防法はボディソープやシャンプー、洗剤などに気を付けるということです。
市販のボディソープは赤ちゃんでも使える低刺激のものが多いですが、皮膚が乾燥しやすいです。
アトピーの場合、乾燥するとかゆみが増すことがあるので、ボディソープで洗った場合はきちんと保湿クリームを塗るようにします。
毎日のケアが症状を抑えます。
ストレスによっても悪化してしまうのでストレスを感じないような生活も送るように心がけます。