水治療の効果と砂糖摂取の影響

今、アトピーに水治療が効果あり。

水治療の効果 今、アトピーに対する【水治療】が注目されています。細かく分けると、酸性とアルカリ性に分けることができます。
その中で、酸性の役割に【殺菌力】があります。この殺菌力を使ってアトピーで荒れた皮膚から浸入する菌を死滅させる治療が今、話題になっているのです。
これらは、間違って飲用されたとしても副作用はないことが知られています。現在では歯医者などで消毒剤としても使われています。また酸性という性質から皮膚の再生にも効果的に働きかけてくれるのです。
アトピーやにきびなど、皮膚の傷んだ箇所から菌の侵入や増殖があると報告されているため、酸性水をうまく活用し菌の繁殖を防いでいきます。
また最近、話題にあがっているのが【入浴】です。体に影響の少ない酸性水に豊富なミネラルを投入することで、【にがり温泉】と似た効果をつくるのです。
これらの効果は、皮膚の炎症を抑えたり、入浴によって起こると言われる【かゆみ】を軽減させる効果が報告されています。
アトピーで悩む方に、今注目されている酸性水は効果があると高い評価を受けていますので是非、おすすめしたいところです。

砂糖の過剰摂取はアトピー悪化の要因に

アトピーの改善は食生活の見直しも大切で、なかでも砂糖の過剰摂取は避けたいものの一つです。その一つは砂糖を摂り過ぎることで起きる腸内環境の悪化です。
悪化する原因にあるのは悪玉菌が甘み成分を好むからで、腸内環境が正常だと体内に入ってきた毒素やアレルギー物質も消化できますが、環境の乱れによって留まることになります。
また、糖分の摂取はインシュリンの分泌も増えると同時に、コルチゾールというホルモンの消費を増加させます。このコルチゾールはアレルギーを抑える働きがあり、消費で不足することでアレルギー反応を抑えきれなくなり、それが強い痒みとなって表われることがあります。
加えてミネラルやビタミンは肌の再生に欠かせない栄養素ですが、肌の再生機能はもちろん、アトピーの場合では悪化させてしまう恐れがあります。お子さんの場合は砂糖のような甘みを好みますが、白砂糖に代わる甘み成分を使うなど、自然な甘みを食事に使うと良いでしょう。
アトピーは室内の環境要因も関わりますが、普段の食事は毎日のことで、その摂り方ひとつで症状も変わってきます。