ネックレスとネイルについて

アトピーは納豆で治るという民間療法

アトピーは納豆で治るという民間療法 アトピーなどのアレルギー症状は納豆で治せるという民間療法が広まっています。
アトピーにかかる人の多くの原因は、善玉菌や悪玉菌のいる腸内環境が悪化して免疫が低下する事から発症しています。
そこで、納豆から摂れる納豆菌が治療に役立ちます。
納豆菌は腸内環境を整える作用があります。
納豆菌は腸に直接働きかけるので効果が期待できます。
納豆に含まれているオリゴ糖が、ビフィズス菌の餌となり、善玉菌を増やし、腸内環境を良くします。
また、食物繊維が腸内を掃除する働きをして、便秘の解消にもなります。
そして、水溶性食物繊維のムチンがたんぱく質の消化を助け、胃や肺、鼻の粘膜を強化し、さらにカルシウムの吸収を促進します。
これらの効果により、アレルギー性疾患の改善がされます。
民間療法として納豆は幅広い病気に用いられる健康食品です。
できれば毎日食べるようにしましょう。
いい食事で解毒力を高め、アトピーを治しましょう。
ムチンは加熱に弱いので、生で食べる事が出来る納豆がおすすめです。

アトピー性皮膚炎が引き起こす合併症のいろいろ

アトピー性皮膚炎の皮膚には小さな傷が沢山ついていることが多く、そこに細菌やウイルスや真菌が付着して入り込むことがあり、これらの感染症を合併することがあります。
特に注意が必要なのが、ヘルペスウイルスによる感染症であるカポシ水痘様発疹症です。
全年齢層で見られます。
直径2mmほどの小さな水泡が顔面に現れることが多いです。
高熱が出るので、乳幼児の場合は全身の状態が悪くなることも多い点に気をつけてください。
伝染性膿痂疹は、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌の感染が原因です。
俗に言うとびひもこの1種です。
小児期に合併することが多いのですが、思春期以降でもまれに見られることがあります。
その他の皮膚科領域の合併症に、毛嚢炎や水いぼなどがあります。
注意すべき眼科領域の合併症には、アトピー性白内障があります。
目のレンズの役割をする水晶体が濁ってきます。
加齢による白内障と比べると、初期の段階で自覚症状が出やすいのですが、アトピー性皮膚炎の人は定期的に眼科で検査を受けるのが好ましいです。
また、他のアレルギー性疾患(気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)を合併することも多いです。